カテゴリ:日々のごはん( 22 )

d0206803_1443598.jpg

今が旬の赤かぶと柿、煮大豆に丸麦を入れたサラダを作りました。
かぶは葉っぱもザクザクと切って入れて。
オーガニックバルサミコとオリーブオイル
あとは塩と粗びきこしょう、おしょうゆを少し。

バルサミコはお酢のつんとした酸っぱさよりもマイルドで
おしょうゆもちょっと入るのでほっとする味になります。

使う野菜は季節ごとに違って、きゅうりじゃがいも、にんじん
トマト、大根、なんでもおいしい。
そこに白いんげん、花豆、ツナなどもあわせて。

今がおいしい柿が入ったバージョンは
しょっぱくて甘くてがなんとも言えません。

家族みんなが大好きなので
大きなボウルで作ってもすぐなくなってしまいます。

作りたてもフレッシュな感じでいいですが
翌日味がしみたのもまたおいしい♪
[PR]
d0206803_2105015.jpg

赤ちゃんが生まれたお友だちのお家へのおみやげ用と
帰省している幼なじみが夕ごはんを食べに来てくれるので
シュウマイをいっぱい作りました。

ぷりぷりジューシー。

普通はからし醤油だと思いますが
私はからし酢醤油をつけて食べるのが好き。

あっというまに無くなって
みんなのお腹の中に。

点心のレッスンでは地粉で皮から手作りします。
[PR]
d0206803_1212897.jpg

作っておいたチャーシューとネギ
平飼いたまごとたっぷりの煎りゴマ。

仕上げにしょうゆ麹を、少し焼きつけるように
鍋肌からまわし入れたら、パラパラ炒飯のできあがり。

お休みの日の家族でのお昼になりました。

味付けは手作りしょうゆ麹のみ。
有機しょうゆに農家さんが無農薬のお米から作った
玄米麹を入れたもの。

おひたしやお豆腐、煮物はもちろん
最近はサラダやパスタにも。

なんでもおいしくなるので
何にでも試したくなってしまいます。
[PR]
d0206803_2174011.jpg

今日は春節。
旧暦のお正月です。

中国にいたとき、大晦日は
一晩中爆竹と花火が鳴り響いていました。

縁起がいいので、中国では春節に家族でたくさんの餃子を作って食べます。
うちも娘とたくさん作って、今晩は水餃子と
酸辣土豆絲(じゃがいもの酸辛炒め)と
西紅柿鶏蛋(トマトと卵の炒めもの)に。

餃子はごはんのかわりなのですが、かぞくで50個。
さすがにおなかいっぱい!
中国の餃子にはニンニクは入れいないので、
黒酢のたれに好みでニンニクを入れたりします。


今日のごはんは、中国ならたいていどこのお店にもある
日本人も大好きなローカル中華。

レッスンでも人気のメニューです。
[PR]
d0206803_0353193.jpg

しっかり炒めて甘くなった玉ねぎと、
チーズとたまごと生クリームのアパレイユを流し
サクッと焼きあげたキッシュ。

あめ色の玉ねぎとグリュイエールチーズの相性が抜群で
年に何度か無性に食べたくなります。

ブランチなどにもいいですし、
寒い日に暖かいへやで
生ワインといっしょになんてのもいいですね。
[PR]
d0206803_23362420.jpg


秋山農園さんの、無農薬・無化肥の丸麦は大すき。
パスタのようなご飯のようなプチプチとした食感がクセになります。
ずっと茹でても柔らかくなりすぎないところがまたいいトコロ。

それに今届く、水菜、あまーいカブ
あればバジルの葉や人参の葉などをあわせ
今日は北陸のイカも加えて
おいしいオリーブオイルと塩コショウ、オーガニックのバルサミコの
ドレッシングで丸麦サラダにしました。

さわやかなドレッシングと食感でいくらでも食べられて
家族も大好きなので、いつもたくさん作ります。

丸麦はサラダ以外にも、リゾットにしても、スープに入れても
もちろんご飯に混ぜてもとってもおいしいです。

見つけたら、ぜひ、ためしてみてください。
[PR]
d0206803_11564328.jpg


私の住んでいるあたりでは、もう栗もおしまいですが
農家さんから届いた栗を、裏ごしして取って置いたもので
栗のスープを作りました。

たくさんの裏ごしした栗から、何杯もスープにできないので
ほんとうに贅沢ー!

うーん、栗が濃厚でおいしいー。
この時期ならではですねー♪
[PR]
d0206803_2175136.jpg


寒くなってくると、コックリした味の物が食べたくなります。

ずっと食べたいと思っていた大好きな坦々麺!
久しぶりに作りました。

ゴマの濃度もラー油の辛さも好きな味にできるのが
自分で作るいちばんのうれしいところ。

あっ、撮影していたらスープが少なくなってくちゃった。
早く食べないと!
[PR]
d0206803_15455255.jpg

夏になると農家さんから、無農薬のえごまの葉が毎週届きます。
韓国料理のお店で、はじめて食べてから大好きな野菜!


荏胡麻と書きますが、ゴマ科ではなく、”シソ科”の一年草。
青紫蘇とは同種で、葉の形もとても似てます。
原産は東南アジア。
食べると十年長生きできるという謂れから
”ジュウネン”と呼ぶ地域もあるそうです。

えごまの種子は料理や菓子に使われたり
油はαーリノレン酸を豊富に含んでいて
乾性油なので、防水としても用いられるそうですよ。

毎週たくさんえごまの葉が届くので、しょうゆ麹や
輪切りにしたプリッキーヌを漬けこんだナンプラーで
味付けした焼肉を、えごまの葉でサンチュのように包んで食べたり
えごまのにんにくしょうゆ漬けやえごまキムチにして
夏の間だけの贅沢えごま料理を堪能しています。

写真は、「えごまキムチ」
白いご飯が進むこと進むこと・・・。
夏バテ知らずで、食欲の秋はまだなのに、自分の食欲がこわいです。
[PR]
d0206803_2381118.jpg


今日は処暑といって、暑さもおさまってくる日ということですが
いつもと変わらず暑い日でした。
もっとも、旧暦では7月6日ということですから
まだまだ、暑い日が続くということでしょうか・・・。

買い物に出たときに
娘と大きな天然氷のかき氷を食べてしまったので
夕ご飯はさっぱりと。。。

無農薬の地粉のそうめんに冷たい出汁つゆをはって
湯がいたモロヘイヤ、オクラ、なす、スライスしたゴーヤに
きゅうりのごまよごし、えごまのニンニクじょうゆ漬け
湯むきトマト、手作り梅干し、有機納豆をたっぷりのせて
ツルツルといただきます。

たまには、こんな夕ご飯もいいものですね。
[PR]